toggle
2017-03-10

【大盛況にて終了!】貼ってはがして…夢中で器を作る【和紙染め体験】- 2016.3.26(日)


※コチラのイベントは大盛況にて終了致しました。ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

【予約受付中!】和紙を貼って…はがして…夢中で器を作る 〜福岡の文化に触れながらの【和紙染めワークショップ】

work30-2

【目次】
⇒ワークショップ詳細(お申し込みフォーム) ⇒講師のご紹介 ⇒会場のご紹介


1枚1枚形を決め、染料を染み込ませた和紙を貼ってはがして、貼ってはがして…。焼き上がったら何と、グラデーションの美しい青い器に。

今回はこちらの【和紙染めワークショップ】のお誘いです。

※【和紙染めとは】…和紙に呉須(ごす)という青色になる染料を染み込ませ、手や刃物で形を決めたものを、1枚ずつ1枚ずつ、焼く前の器に重ねて模様にしていく技法。器への染料の染み込み方や、和紙を重ねる枚数により、模様が変わるのが特徴です。

akama09
(↑実際に参加された方の作品例。※今回はグラスの制作になります。)


【和紙染めワークショップ】詳細

日時:2017年3月26日(日)14:00〜

場所:HAKATA JAPAN(福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレイン1F)

定員:10名

参加料:3,000円

作るもの:グラス

所要時間:2時間程度

持ってくるもの:汚れが気になる方はエプロン

※作品は焼成後、お届け致します。

!!参加申し込み・お問い合わせはコチラのお申し込みフォームから受付中です!!

講師:伊都桃山窯(いととうざんがま)赤間厚子さん

work11

講師にお招きするのは、福岡県糸島市在住の白磁作家さん、赤間厚子(あかまあつこ)さんです。

ろくろでの有田焼の白磁器作りを、人間国宝・井上萬二氏について学ばれ、
器に和紙染め(わしぞめ)という伝統技法を使用した模様を施し、現在の独自の作風を確立されました。

日本でも10人、福岡では1人しかいないと言われている和紙染め作家さんです。

赤間さんについて、詳しくはコチラの記事でご紹介しています>>>

ito02

ito11

ito06
(赤間さんの作品)

会場は福岡市中洲川端にある「HAKATA JAPAN」

hakata01
【和紙染め体験】会場は、福岡市博多区の博多リバレインモール内にあるHAKATA JAPANさんです。

福岡の伝統的工芸品・博多織を、代表の着物の帯だけでなく、オリジナルデザインのアイテムを企画し、提案されています。

エキチカで外国人の方もよく立ち寄られる、福岡のアンテナショップ的な存在のお店です。

ワークショップ後には、是非ジックリ店内を見て回っていただけたらと思います。


【和紙染めワークショップ】詳細

日時:2017年3月26日(日)14:00〜

場所:HAKATA JAPAN(福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレイン1F)

定員:10名

参加料:3,000円

作るもの:グラス

所要時間:2時間程度

持ってくるもの:汚れが気になる方はエプロン

※作品は焼成後、お届け致します。

!!参加申し込み・お問い合わせはコチラのお申し込みフォームから受付中です!!

皆様のご参加を心よりお待ちしております。お気軽にお申し込みください。


【いいね!で最新情報をお知らせ☆「もっと福岡」Facebookページ】


motto-banner

あなたに新しい【福岡】との出会いが訪れる!情報サイト「もっと福岡」TOPページへ>>>


関連記事