toggle
2017-01-25

糸島の手土産スイーツに☆イメージがガラッと変わる!キナフクのスコーン


糸島からのお土産に、ちょこっと珍しい新感覚スイーツが人気

週末にはお隣の福岡市からこのスコーンを買いに来るためだけに訪れるお客様も多いそうです!

omiyage

上司、ご友人、ご家族、大切な方へのちょっとした糸島のお土産をお探しの方へ。

気取らないけれど作り方には人一倍手をかけた、糸島のお土産にピッタリの「スウィーツ」をご紹介☆

贈られた方が、「おいしい!」と喜ぶ顔がホントに見られます☆

糸島土産にスイーツをお探しの方。イメージがガラッと変わる新感覚の「スコーン」はご存知でしょうか!?

kina01

「おいしいけど、口の中の水分が持っていかれるなあ…」

私、スコーンにはそんなイメージがありました。(※個人的な感想です!)

でも「キナフク」のスコーンは、しっとりしていて、

外はサックリ、中はふわ〜〜〜り……!オーブンで焼いたら、しあわせな甘い匂いがするんです…!

kina02

『何これ、私が知ってるスコーンと違う?!違うよね?!しっとりうんまっっ!

スイーツの糸島土産・新定番!スコーン愛から生まれた、おいしさの秘密、お伝え致します

kina03
「スコーンがすごく好きなんです。好きなものを商売に出来たらいいよなって思って始めました。」

と教えてくださったのは、代表の土生 英之(はぶ ひでゆき)さん。

お店を開く前は、サラリーマンをしながらのスコーン研究の日々。仕事が終わって家に帰り、毎日3〜4時間はスコーンを作っていたのだとか!

味に納得がいくまで、毎日毎日…同僚の方に味見をしてもらっていたそうです。

「キナフク」のスコーンが、糸島のお土産スイーツに喜ばれる理由って?

kina12

土生さんにその秘訣を伺いました。

「自分が、お菓子の専門家じゃなかったから…」生まれたおいしさがある

え?!一体どういうことですか?!

kina04
「実は、最初に妻に教えてもらって作ったレシピは、水分が少ない感じのスコーンで、僕が頭で描いてたイメージと違ったんですよね。

で、生クリームが入ってるお菓子を思い出して。ちょっと入ってるだけでも美味しくなるじゃないですか。

だから、水分を全部生クリームにしたらどうなるかな?って。

生クリームって高価なので…これって、原価なんて度外視の素人だから出来る発想ですよね。笑」

そして実際に試してみたら、しっとりおいしいスコーンが出来上がったということなんです。

あの…失礼ながら私…土生さんがスコーンやお菓子の玄人でなくて良かったと思ってしまいました。

それにしても、すごい実行力!

【生地を混ぜている時の感覚】が分かる土生さんが作るから

kina08

季節によって、天気によって、湿度によって、生地の調子は変わります。

その少しの違いが分かり、微調整を利かせられる土生さんだからこそ、毎日変わりなくおいしいスコーンが作れるんです。

もし仮に同じ材料を使ったとして…近いものは作れたとしても「キナフク」のスコーンだけは土生さんにしか作れません!

よりおいしいスコーンになるような「素材」を厳選しているから

kina05

●生クリーム→【シットリとした食感を生み出す】動物性の生クリーム

北海道産の生乳を100%使用。スコーンの水分は、何と生クリームのみ!植物性ではなく、あえて動物性の生クリームを使うことでシットリと贅沢な味に仕上がるんです。

店内にも漂う、スコーンが焼き上がった時の幸せな優しい甘い香りも生みだされます。

●小麦→【気取らずラフに食べて欲しい、キナフクのスコーン】にピッタリの小麦。

地元・糸島産の「筑後いずみ」という品種を使用。特徴は「香り豊か・色が黒い・雑味多め・旨味少なめ」。

この小麦を選んだのは、「地元の素材を使おう」という事はもちろん、キナフクのスコーンのおいしさを作り出す要素(気取りすぎない)が詰まっていたからなんです。

かわいすぎず、雑すぎないデザイン。贈られて嬉しいから

シールのラベル…

kina07

 

メッセージカード…

kina06

内装やPOP…

kina09

HPなど…実は全て土生さんご本人のデザインなんです。

この素敵さを生み出すコツを伺った所…【可愛すぎず、雑すぎず】のバランスだそう。

スコーンとデザインが合わさって…ここでしか贈れない、土生さんだからこそ生み出せる、喜ばれるギフトになります♪

「僕、お菓子はそんなに食べないんですけど。ここのスコーンは本当においしいです。糸島のお土産にもすごく喜ばれますよ。」

kina11
地元・糸島市の職員の方が教えてくださいました。

人気ゆえに箱からすぐになくなってしまうのだとか…!笑

私たちの取材中にも、何度も開くお店のドア。

「今日は自分用に1個買いに来たよ。」

「内祝いに…大量なんですけど、お願いしても良いですか?!」

この声がもう、おいしさを物語っていますよね!

地元の方にも愛されているんです♪

糸島のお土産スイーツには「キナフク」のスコーンがオススメ!

kina13
(リアルタイムの人気ベスト3。味に迷ったらコチラを選べば間違いなし!)

「キナフク」のスコーンなら、スコーンが今まであまり好きじゃなかった方や、食べたことのない方にも、喜ばれることと思います!

だから、「キナフク」のスコーンをお土産のお菓子に選んでください♪


・記者から一言

「スコーンを作る研究が楽しくて仕方なかったんです。」と教えてくださった土生さん。

優しくておっとりとした雰囲気と、好きなものを追求する熱い気持ち。どちらも併せ持っているからこそ、「キナフク」のスコーンが生まれたのだなあ…。と感じた取材でした。


■Information■

・のし対応可。

「キナフク」

kina10

〒819-1119
福岡県糸島市前原東1-4-11

TEL:092-334-5193

HP:http://kinafuku.com/


関連記事