toggle
2018-01-12

太宰府観光|太宰府天満宮の梅香るスポット、アクセス案内


福岡の観光名所・太宰府天満宮で梅観賞!

ume06

【目次】
⇒太宰府天満宮とは ⇒太宰府天満宮の梅 ⇒太宰府天満宮への交通アクセス

太宰府天満宮とは

daza01

太宰府天満宮は、菅原道真すがわらのみちざね公の御墓所ごぼしょの上にご社殿を造営し、その御神霊おみたまを永久にお祀りしている神社です。 「学問・至誠しせい・厄除けの神様」として、日本全国はもとより広く世のご崇敬を集め、年間に約800万人の参拝者が訪れています。

「太宰府天満宮公式HP」より引用:http://www.dazaifutenmangu.or.jp/about

太宰府天満宮で梅観賞を楽しむ!

daza02

菅原道真公が学問・至誠(しせい)・厄除けの神様として祀られている、太宰府天満宮。

受験シーズンに、合格祈願に行かれた方もいらっしゃるのでは?(私も大学受験時にお参りをした思い出があります。)

そんな太宰府天満宮のもう1つの顔…

梅の観光名所としても有名なのはご存知でしたか?

何と!太宰府天満宮の境内には、約200種類・6,000本もの梅が植えられているんです。

ume04
白梅に…

ume05
紅梅。

それぞれ違う美しさで、お参りに訪れた方や、観賞する方を楽しませてくれます♪

ume03
↑ かの有名な「飛梅伝説」の梅の木は、本殿に向かって右手に植えられています。

梅の香りが漂う太宰府天満宮

ume06
毎年2月は雪が積もりやすい福岡。そんな中、梅観賞に行ってきました。

太宰府天満宮の本殿にもまだうっすら雪が積もっています。

太宰府天満宮の梅は、まだ全体的に5部咲きといったところでしょうか?

ume02
(鳥居をくぐってすぐの場所の梅は、2分咲き程度…。ですが、可憐です。)

ume08

ume09

ume11
(梅の木によってはほぼ満開のものも。)

見頃は3月上旬までとのこと!

最新の開花情報は、太宰府天満宮公式HPのお知らせで更新されていますので、要チェック。

更に、電話で開花状況を問い合わせて行くと確実だと思います。(092-922-8225(9時~17時))

梅のシーズンを楽しめる太宰府天満宮。参道は梅ヶ枝餅など、楽しめるお店もいっぱいです♪

ume07
(おみくじも梅モチーフです!)

太宰府天満宮への交通アクセス

①西鉄福岡(天神)駅から

西鉄二日市駅で乗り換え後、太宰府駅で下車。

②JR博多駅から

博多バスターミナルから直行バス運行。西鉄バス太宰府駅下車。

③お車で行かれる方

九州自動車道

「太宰府I.C」から約6Km(約15分)
「筑紫野I.C」から約5Km(約20分)

都市高速道路2号線

「水城I.C」から6km (約15分)

☆★更に詳しくはコチラからご覧ください(公式サイト)★☆

「太宰府天満宮」公式サイト>>>


住所:〒818-0117
福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号 太宰府天満宮社務所

TEL:092-922-8225(9時~17時)

参拝時間:

開門時間

  • 春分の日より秋分の前日まで…6時
  • 上記以外の日…6時30分

閉門時間

  • 4月・5月・9月・10月・11月…19時00分
  • 6月・7月・8月…19時30分
  • 12月・1月・2月・3月…18時30分

正月の開門・閉門時刻(12月31日~1月4日)

  • 12月31日は6時30分に開門し、正月三ヶ日は24時間開門。
    1月4日の夜はご参拝の状況により、閉門。

HP:http://www.dazaifutenmangu.or.jp/

駐車場:有料駐車場有り(8時〜17時頃)普通車は500円

 

おすすめ♡ 縁結びで人気の竃門(かまど)神社も

kamado0802

「学業成就」の神様で有名な「太宰府天満宮」より、バスで10分程度。
竃門神社は平成24年に改修。伝統的な神社建築と現代的なデザインがかわいい♡女子に人気な理由のひとつです。

縁結び・恋愛成就のパワースポットとして多くの女性が訪れる竃門神社へ>>>

 

太宰府を楽しむなら、太宰府天満宮からゆっくり散策もおすすめです♪

大宰府政庁跡(都府楼跡)-竃門神社・太宰府天満宮から近場で観光スポット①♪>>>

■観世音寺-竃門神社・太宰府天満宮から近場で観光スポット②♪>>>

■老舗「かさの家」-太宰府天満宮観光に欠かせないグルメ梅ヶ枝餅!>>>

■さいふうどん-太宰府天満宮観光のランチに全国から訪れる人気店!幻の味復刻!>>>

 


いいね!で最新情報をお知らせ☆「もっと福岡」Facebookページ】


motto-banner

あなたに新しい【福岡】との出会いが訪れる!情報サイト「もっと福岡」TOPページへ>>>


関連記事