toggle
2017-10-04

福岡・宗像|パワースポット鎮国寺 空海開創のお寺 梅・桜・紅葉・紫陽花など


福岡県宗像市人気パワースポット鎮国寺 宗像大社との縁も深い…空海開創のお寺 梅・桜・紅葉・紫陽花も

空海が開創されたとされる【鎮国寺(ちんこくじ)】

tin01

福岡県宗像市にある真言宗のお寺「鎮国寺」。真言宗の開祖・空海(弘法大師)が開創したといわれています。

その際の逸話がコチラです。↓

空海(弘法大師)は、遣唐使船で入唐をしようとした行き道で、大暴風雨に遭遇します。

その際、海の守護神宗像大神や諸仏菩薩にお祈りしたところ、

波の合間に炎が立ち、不動明王様が現れ、右手に持たれている剣で波を切り払い風波を納めて下さったことで、無事に唐に着くことが出来ました。

日本に帰った空海(弘法大師)は、宗像大社に旅のお礼参りに行きます。その際、屏風山の上に彩雲(吉兆を示す雲)がたなびくのを見て行ってみた所、その場所に岩窟を発見し、修行を始めました。

岩窟での修行中に「この地は鎮護国家を祈る霊地である」というお告げを受け、家から字をとって「鎮国寺」を開創されました。

 

「鎮国寺」のご利益って?

tin15

空海(弘法大師)の逸話より、「鎮国寺」のご利益は…

空海(弘法大師)が自ら彫ったと伝わる「身代り不動明王」が霊験あらたか(神仏のご利益がある)であるため、

あらゆる災いから身代わりとなって守ってくださることと言われているそうです。

 

福岡県宗像市【鎮国寺】のパワースポット①:不動明王像

「密教を無事に持ち帰れたのは、波をおさめてくださった不動明王様のおかげだ。」

そう思った空海(弘法大師)は、不動明王像を彫ります。現在は「鎮国寺」の護摩堂に安置されています。

国の重要文化財にも指定され普段は見ることが出来ない(すなわち秘仏の)不動明王像ですが、年に1度、4月28日には御開帳があり、そのおすがたを見て拝することが出来ます。

1年に1度のチャンスには、是非訪れてみては?

 

福岡県宗像市【鎮国寺】のパワースポット②:奥の院

tin02

唐から無事に日本に帰国した空海(弘法大師)が修行をした場所がここ、奥の院。

正確にはお堂の奥にある、岩窟の中にて修行したそう。現在は、「不動明王石像」や、「線刻釈迦如来石仏」などがお祀りしてあります。

tin03

パワースポット巡りをされている方は、特に奥の院で特別な雰囲気を感じられるそうですよ!

どなたでもお堂に上がれますので、是非参拝してくださいね。

※電気が点かず、真っ暗のため気をつけて参拝されてください。

※岩窟に入ることは出来ません。

 

福岡県宗像市【鎮国寺】のパワースポット③:本堂(五仏堂)

向かって左手が「護摩堂」、右手が「本堂」です。

向かって左手の建物が「護摩堂」、右手の建物が「本堂」です。

宗像大社ととても縁の深い「鎮国寺」。

突然ですが、皆さん「神仏習合(しんぶつしゅうごう)」という言葉を聞かれたことはありますか?明治以前には、神道と仏教の違いは必ずしも明確ではなく、2つを混ぜて、信仰が1つになっている状態が存在していました。

「鎮国寺」の本堂には、5体の仏像がお祀りされています。

gobutu

横一線に並ばれているうち、中央の3体。実は、宗像大社でお祀りしている、かの有名な三女神の本地仏そうです!

  • 真ん中の大日如来=宗像大社沖津宮の田心姫神(たごりひめのかみ)
  • 向かって右の釈迦如来=宗像大社中津宮の湍津姫神(たぎつひめのかみ)
  • 向かって左の薬師如来=市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)

なのだそう!

日本人にとっては、神様も仏様も、敬い尊敬する心は同じなんですね。

 

tin05
「鎮国寺と宗像大社は古来よりはもちろん、今でも、親しく交流があるのですよ。」

と、今回お話を伺った立部瑞真(たてべずいしん)住職は教えてくださいました。

■三女神についても書かれている「宗像大社」の特集記事はコチラ!>>>

 

福岡県宗像市【鎮国寺】のパワースポット④:梅・桜・紫陽花・紅葉・銀杏などの自然

tin07

春には梅、桜梅雨には紫陽花。秋には紅葉、銀杏など…四季折々の自然が楽しめるのが「鎮国寺」。

11月末〜12月にかけては紅葉が特に美しい時期だそう!

11月末〜12月にかけては紅葉が特に美しい時期だそう!

 

時期が良ければ紅葉(赤)・銀杏(黄)・山茶花(桃)の3色の絨毯が見られるかも!

時期が良ければ紅葉(赤)・銀杏(黄)・山茶花(桃)の3色の絨毯が見られるかも!

 

その他、菩提樹や彼岸花などなど…敷地内は色とりどりの自然でいっぱい!仏様だけではなく、美しい自然にもパワーをいただける空間です。

tin09

 

福岡県宗像市のパワースポット【鎮国寺】:ミニ「四国八十八ヶ所お遍路巡り」が出来る

tin10

奥の院に続く階段のそこかしこに、小さな仏像がたくさんお祀りしてありました。一体こちらは…?

tin11

「四国八十八ヶ所を回りたいけれど、足を運ぶのが難しい方もいらっしゃいますよね。『鎮国寺』に来ていただければ、八十八体の仏様がいらっしゃいますので、お遍路に行く代わりに参拝していただくことが出来るんですよ。」

tin14

そもそもお遍路とは、弘法大師(空海)の 足跡をたどり、八十八ヶ所の霊場を巡拝することなのだそう。

tin12

なるほど!空海(弘法大師)の開創した「鎮国寺」で、お遍路の疑似体験をする…。とても縁のあることだと思えませんか?

tin13

 

福岡県宗像市のパワースポット「鎮国寺」へ足を運んでみては?

tinkokuji

駐車場から入り口 ⇒ 護摩堂で参拝 ⇒ 本堂で参拝 ⇒ 階段を登りつつ八十八の仏様を参拝 ⇒ 奥の院参拝 ⇒ 戻ってきて自然を満喫

「鎮国寺」では、このコースが特にオススメかもしれません!

是非、足を運ばれてみてくださいね。

 

「鎮国寺」への交通アクセス

■大駐車場 完備
(大型バス・乗用車含む140台)

住所:〒811-3506 福岡県宗像市吉田966

お問合せ先:

TEL:0940-62-0111

FAX: 0940-62-0058

併せて読みたい!宗像のパワースポット関連記事【宗像五社】

「宗像大社」の三宮、「許斐権現」、「織幡神社」を合わせて、宗像五社と呼ばれています。

そして、宗像五社の本地仏をお祀りしているのが「鎮国寺」です。

古くより朝廷の尊崇が厚かったとされる【宗像五社】と【鎮国寺】を回れば、ますますパワーをいただけるかもしれませんよ…?!

orihata10
■禊ぎとデトックスのパワースポット?!「織幡神社」の特集記事はコチラ!>>>

 

taisha17
■世界遺産にも!パワースポットの三社「宗像大社」の特集記事はコチラ!>>>


関連記事