toggle
2018-07-10

【川茸】の伝統を守りたい!福岡県朝倉市で採れる将軍献上品の高級珍味


kawa01

【川茸】のこと、知っていますか?福岡県朝倉市でしか採れない貴重なノリ

あなたは、こちらの緑色のノリ…正確には学名:スイゼンジノリ、通称「川茸(かわたけ)」をご存知ですか?

つるっとしたのどごしに、もちもちした独特の食感。何より、透き通った緑色がとても美しい「川茸」。

実は、はるか昔から高級珍味として扱われ、江戸時代には将軍へと献上されていた大変貴重なものです。

工房には石碑も残っています。

工房には石碑も残っています。

江戸時代、:困窮していた秋月藩(福岡県朝倉市辺りの藩・福岡藩の支藩)が、8代将軍に「商品開発をして対策をしなさい。」と命を受けたのが「川茸」の始まりなのだとか。

創業から受け継がれている古文書だそうです。

↑ 創業から受け継がれている古文書だそうです。

川茸は絶滅危惧種

「川茸」は、福岡県朝倉市の黄金川でしか収穫出来ず、絶滅危惧種に指定されています。しかも、生産は天然モノのみ。

黄金川

黄金川

唯一収穫のできる黄金川の水質の悪化や水量の減少により、「川茸」は絶滅の危機に瀕し、2006年にはついに「絶滅危惧種 」に指定されました。

また、平成元年には年間200tあった生産量が、ここ数年では10tまで減っています。

この大変貴重な「川茸」を、後世まで残さなくては…

kawa05

伝統を引継ぎ、現在も「川茸」の生産・販売を続けている「合資会社 遠藤金川堂」の17代目にお話を伺いました。

次の世代へと「川茸」を繋ぎたい:17代目の思い

「合資会社 遠藤金川堂」代表 17代目:遠藤 淳さんへとお話を伺いました。

kawa06

「川茸は、お盆やお正月に酢の物にして食べたり、お中元やお歳暮に選んでいただいたりなど、地元の方に昔から親しまれている地域の特産品です。

また、『川茸』や、川茸の採れる『黄金川』は、地元の子どもたちが伝統や文化を学ぶ教材であり、環境学習のできる場所でもあります。

kawa07

行政や県、地域のみなさんは、川の寄付金活動などをして、『川茸』の伝統を残そうとしてくださっています。

そして私は、小さいころから親が『川茸』の仕事をしている姿を間近で見てきました。

kana01

だからこそ、地元の方や先代、ご先祖に愛され、受け継がれてきた『川茸』を絶やさないよう、次の世代に繋がないといけないという思いがあります。」

先代(十六代目)の「遠藤 秀雄」さん

先代(17代目)の「遠藤 秀雄」さん

「川茸」は全て手作業で作られている

胸に秘めた志を語ってくださった遠藤さん。歴史の重みや伝統、みなさんのお気持ちを感じながら、取材陣は「川茸」を生産している工房におじゃましました。

kawa09

そこで見た光景に、記者は非常に驚きました…!!

『川茸の塩漬け(生)』を作る工程は、4段階あります。

①選別 → ②塩漬け → ③川の水にさらす → ④ごみを取り除く

なんと、これらすべて人による手作業なのです…!!!

どこにも機械を使っていません。

kawa08

丁寧に、人の手でひとつひとつゴミや藻などを取り除き、選別されていく『川茸』。

清流の水にさらすことで、美しい緑色に変化していくその様子。

kawa10

江戸時代から変わらず続いているのであろうその光景に、歴史的な重みや伝統、「川茸を伝えていきたい」というみなさんのお気持ちを強く感じた瞬間でした。

kawa12

「川茸」のおいしい食べ方

「川茸の塩漬け(生)」は、三杯酢や甘酢をかけて食べたり、酢の物に入れるとおいしい!

kana03

また、板状の「川茸」は、お吸い物の上に乗せるとおいしいんですよ。

kana02

貴重な「川茸」を使用したお料理。晴れの日や、お客様をおもてなししたい日など、特別な日の素材としてピッタリではないでしょうか?

実際に「川茸」をいただきました

遠藤金川堂さんがセットで販売されている「川茸のうま酢」をかけて、実際に『川茸』をいただきました。

kawa03

んー!つるっとしていて歯ごたえが良い!

地元の方に愛されて、ずっと食べ続けられてきた『川茸』。口にできたことに感動しました。

kawa01

「食べ物って、その歴史や伝統を知ることで、こんなにいただく時の気持ちが変わるんだな。」

食事の楽しみ方や“食育”の重要性を、「川茸」に教わったような気がしました。

川茸を守り続けてほしい、伝えたい

遠藤さんにお話を伺い、工房を見学して触れた、歴史や伝統、生産するみなさんのお気持ち。知れば知るほど、「川茸」をこの先も守り続けてほしいという気持ちでいっぱいになりました。

kawa16

kawa15

kawa17

kawa18

kawa13

今回はほんの一部ですが、みなさんにもその魅力を伝えて、まずは沢山の方に知ってもらえたらと記事を起こしました。

福岡県朝倉市に来る機会がある際にはぜひ、工房へとお立ち寄りいただけたらと思います。

川茸「遠藤金川堂」 へのアクセスなど

住所:〒838-0031 福岡県朝倉市屋永2949

TEL:0946-22-2715

営業時間:9:00~17:00

休業日:日・祝祭日 (※工場は月曜日も休み。)

【アクセス】

高速甘木インターよりお車で約10分
国道3号線(ゆめタウン筑紫野)より県道112号線日田方面へ約40分

福岡県朝倉市の観光情報・魅力については、こちらも参考にされてくださいね。↓

(※記事公開したらリンクを貼る。)


■福岡観光・グルメ・お土産など情報サイト「もっと福岡」TOPへ>>>


関連記事