toggle
2019-02-22

【風浪宮】大川の歴史と大川組子を一堂に見られる!大川市パワースポット


大川市観光に行かれる方へ。

大川市といえば、木工が有名ですが…今回の取材で、じつは「海」の歴史も深い土地だということが分かりました。

一見、正反対のようですがなぜ…?

その理由は「風浪宮」へ取材に行くことで、明らかに!

IMG_5722-8

大川市に観光に行かれる方は、大川市の歴史も分かり、実は有名な「大川組子」も見られる「風浪宮」にぜひ立ち寄っていただきたいです。

 

福岡県大川市【風浪宮】とは

地元の方から「おふろうさん」という愛称で親しまれている「風浪宮」。

IMG_5724-9

約1800年前に創建された、神功皇后ゆかりの歴史ある神社です。

 

風浪宮のご利益とは?

IMG_5716-7

ご利益は【勝運守護、交通安全、海難守護・厄除け、出産・安産祈願】などを中心に多岐に渡ります。

ん…海難守護?

福岡県民の私としては、大川市が海に近い印象もなく、頭の中にはてなマークが。

「風浪宮」も遠くないとはいえ、けして海の近くとはいえませんが…。

その由来は、このような伝説から来ているようです。↓

☆風浪宮の言い伝え・伝説

西暦201年、神功皇后が新羅へ出兵に行った帰り道、軍船を筑後葦原の津(大川榎津)に寄せた際、皇后の船あたりに白鷺が現れて東北の方角に飛び去りました。

その白鷺の後を着いていくと、現在の神社内にある、ご神木にとまったそうです。

IMG_5737-26

皇后はその白鷺こそが、海難から身を守ってくださった海の神様の化身だと思い、当時の海上指令であった阿曇連磯良丸(あずみいそらまる)を斉主として、少童命を祀りました。

少童命を祀ったその場所が、現在の「風浪宮」なのだそうです。

☆かつて「風浪宮」のある土地は海だった?!

「風浪宮」禰宜:阿曇典久さんに、「風浪宮」についてお話を伺いました。

IMG_5763-12

「実は、いま『風浪宮』のある土地は、かつて海岸だったと言われています。

有明海は干満の差が激しいのが特徴ですが、潮が引いている時間が船の修繕を行うのに最適で、その船大工の技が家具作りの技術に受け継がれていると言われているんですよ。

IMG_0948-21

また、向かいの『大川公園』は、弥生時代の人々が生活した証としての貝塚や、支石墓があり、金印発掘地で知られる玄海の志賀海神社とよく対比されています。

IMG_5756-11

伝説の中に出てくる『阿曇連磯良丸(あずみいそらまる)』は、船の名前に「〇〇丸」とつける起源になったとも言われているんですよ。」

歴史やご由緒を知れば知るほど、海との縁が深いです…!

中でも、有明海と有名な大川木工が繋がっているとは…驚きました!

 

風浪宮の見どころは?

本殿

honden

平安時代には2宮あったという本殿。現在は西宮のみが残されています。

「旧国宝、現国指定重要文化財」に指定されています。

※現在は改修工事中です。平成32年3月終了予定。

社紋

R0092220-28

諸説あるそうですが、航海に必要な【太陽・月・星】を表しているとか。

ここにも海との繋がりを感じますね!

大川組子

IMG_5848-17

「福岡県知事指定特産工芸品」である大川組子。実は「風浪宮」でも「神門」と、境内にある「灯篭」で見ることが出来ます!

ご神木

IMG_5728-10

なんと、樹齢2000年!

神社が完成するよりも先に根付いていたご神木・・白鷺がとまった逸話とあわせて、ロマンを感じますね。

風浪宮のお祭り – 風浪宮大祭

fuurougu02

久留米高良大社や水天宮と並んで、筑後地方3大祭りの1つに数えられる「風浪宮大祭」。

「風浪宮大祭」の3日間は潮井まいり、御神幸、流鏑馬、等の古式豊かな神事がくり拡げられ、「八女物産市」や「露店」など、地元の子供たちも楽しみにしているお祭りです。

fuurougu04

☆裸ん行

fuurougu05

中でも見どころなのは「裸ん行(はだかんぎょう)」!

しめこみ姿の男衆を中心に、例年500人程度の方が冬の大川を約3km駆け抜けます!

その手には松明と「邪気退散」と書かれた大うちわが。

fuurougu01

このお祭りに参加したいと、北海道から飛行機で来た方もいらっしゃったそうですよ。

かなりの大迫力です!

風浪宮のお守り・御朱印

「風浪宮」で人気のお守りは、勝負事のお守りである「勝守(かちまもり)」と、

R0092228-26

病気から身を守る「心体健全お守り」。

R0092229-27

御朱印はこのようにいただきました。

gosyuin_fuuroufuu

※御朱印とは、本来はお寺で写経・納経をした際に頂けるものでしたが、現在ではお参りをした人だけに与えられる、神様やご本尊の分身ともいわれるありがたいものとなったそうです。マナーを守り、きちんとお参りをしてからお願いしましょう。

御朱印あつめや、旅の思い出にも、ぜひ♪

大川市パワースポット:風浪宮へぜひ訪れてください!

大川市に観光に行かれる方は、大川市の歴史も分かり、有名な「大川組子」も見られる「風浪宮」にぜひ立ち寄っていただきたいです。

今回の記事ではご紹介できなかった【海との繋がり】【歴史】…まだまだあります!

R0092209-29

大川市の既存の魅力はもちろん、新たな魅力を発見できますよ♪

 

大川パワースポット【風浪宮】アクセス・住所・駐車場等

住所:〒831-0016 福岡県大川市大字酒見726-1

TEL:0944-87-2154

【アクセス】

お車をご利用の場合

・「八女IC」より約30分

・「東背振IC」より約30分

JRご利用の場合

・「羽犬塚駅」よりバスで約30分

・「佐賀駅」よりバスで約30分

西鉄電車とバスご利用の場合

・西鉄「柳川駅」よりバスで約25分

・「中原高木病院前」下車 徒歩で10分

駐車場:有り ☆風浪宮より、道路を挟んで向かい側に乗用車・大型バス対応の駐車場有り。

 


関連記事