toggle
2019-04-10

うみてらす豊前|京築グルメ観光♪新鮮魚介類、ランチに牡蠣小屋!


「福岡って、海が近いから新鮮なお魚が食べられるよね」

東京から遊びに来た友人によく言われます。

京築地域の周防灘

その通りで、福岡は最高です!笑

そんな東京の友人にも勧めたい!

豊前海の新鮮なお魚を素材としてGET&旬のランチを楽しめる人気スポット「うみてらす豊前」をご紹介します♪

福岡観光に来られる方、そしてお魚大好き福岡県民も必見ですよ♪

ぎょえ~!カブトガニもいました笑

ぎょえ~!カブトガニもいました笑

 

うみてらす豊前とは?

umiterasu

豊築漁業組合の直売所「四季旬海」と、漁師食堂うのしま「豊築丸」、冬季限定「豊築丸の浜焼き小屋(牡蠣小屋)」の3つを兼ね備えた施設が「うみてらす豊前」です。

全ての施設で、豊前海で獲れた新鮮なお魚や魚介類を楽しめるんです!

そもそも、豊前海って?

豊前海(ぶぜんかい)とは、福岡県東部沿岸から大分県北部沿岸にかけて広がる周防灘南部海域のこと。

R0092590-23

栄養たっぷりの豊前海には、魚やカニが産卵をしにやってきます。その時期に漁をするため、脂ののったおいしいお魚が獲れる場所なんです。

また、海の干満差が最大4mと大きいのも特徴。

干潟域では、アサリなどの採貝漁業も行われており、牡蠣養殖業も盛んな地域です。

buzen08

 

【うみてらす豊前】の魅力1-豊前海の新鮮魚介類を購入できる♪【四季旬海】

入った瞬間、目に飛び込んできたのは…店内の3分の1の面積を占める大量の「いけす」

IMG_8173-15

中には、旬のお魚がズラ~リ。

豊前海の漁師さんが獲れたてのお魚を自ら持ち込み、店舗で販売しています。

pi

どの子も生きてる!ピチピチしています!ギョギョッ(魚だけに)

仮に海がシケでも、他からの仕入れは絶対にしないポリシーなんだそう。

だからこそ、本当に新鮮な魚介類しか店頭には並びません。

取材中にも、また新たなお魚が漁師さんの手によって投入されていましたっ。

IMG_8375-40

記者たちが取材に伺った時期(3月末)には、「コノシロ」や、

konosiro

「マダコ」、

madako

貝柱と周りの紐のみを食べるという「タイラギ」(でかっ!)、

IMG_8178-16

幸運を呼ぶという「白ナマコ」(アルビノ種だそう)、

※こちらの白ナマコは観賞用です。

※こちらの白ナマコは観賞用です。

などが並んでいました。

各魚介の特徴は、今回お店を案内していただいた東里美さんが教えてくださいました。

さすが知識豊富で、聞いていてとても楽しいです♪

IMG_8361-38

今晩の献立に迷った時、お魚の種類が分からないときなどは、迷わずスタッフのみなさんに相談です!笑

☆購入後、その場でさばいてくれます

「お魚をおろせない…!」

そんな方でも安心!

IMG_8273-21

1匹から購入できるお魚たちは、その場でプロにさばいていただくことが可能なのです!

(※手数料がかかります。)

IMG_8286-22

う~ん、いつまでも見ていたくなるほど惚れ惚れする手つきです…。

sabaku

捌く様子は、ガラス越しに見学できます!

☆漁師さんによる対面販売も

漁師さんが直接お魚の説明をしてくださる対面販売もされています。

taimen

漁師さんと話すなんて、人生でめったにない機会かも?!

そして何より、ライブ感が楽しいですよね~!

※漁期によって「朝戻り」の船と「昼戻り」の船や、禁漁時期があり、対面販売の時間が変わります。詳しくはお電話でお問い合わせするのが確実です。

☆お買い物におすすめの時間帯

直売所入り口には本日の入荷状況が。要チェックです!

直売所入り口には本日の入荷状況が。要チェックです!

新鮮なお魚をゲットしたいなら、おすすめの時間は種類豊富な午前中!

(※天候や季節によって入荷状況が変わることがあるため、直売所入口の本日の入荷状況をチェックしてくださいね!)

地元のフレンチ料理屋さんや料亭の方も、朝一で料理の素材を買い求めに来るそうだから、新鮮さ・おいしさは折り紙付きですね。

 

【うみてらす豊前】の魅力2-豊前海の新鮮魚介類を堪能♪一部メニューも紹介【漁師食堂うのしま豊築丸】

2009年から食堂として運営しており、大人気だったためリニューアルして「うみてらす豊前」に再オープンしたのが「漁師食堂うのしま豊築丸」です。

IMG_8307-25

場所は「うみてらす豊前」の2階。食堂だけの利用も可能です。

四季折々、季節ごとに違うメニューが楽しめるんですよ♪

記者たちがランチで食べたのは、これからまさに旬が始まる「コウイカづくし」と、

「コウイカづくし」1,600円(税抜)

「コウイカづくし」1,600円(税込)

豊前海でおいしいと有名な「はも(鱧)」の丼ぶり!

「鱧(はも)」丼」1,200円(税抜)

「鱧(はも)」丼」1,200円(税込)

「イカは、こりっこりで新鮮!はもは、ふわふわで、おいしいいいいい」

この透明感…!

この透明感…!

肉厚のはも…!

肉厚のはも…!

新鮮さを口の中で噛みしめました…おいしい…!

定食にセットでついてくるあかもくと山芋の付け合わせや、

R0092612-29

イカの味噌和えもおいしい…!

R0092613-30

すみません、もはやおいしいしか言葉が出ませんでした。笑

平日なのに次々来られるお客さまで大賑わいなのも納得のお味でした。

ボリュームとお値段にも大満足!

 

【うみてらす豊前】の魅力3-豊前海一粒かきを楽しむ牡蠣小屋♪【豊築丸の浜焼き小屋】

kakikoya

福岡で牡蠣小屋といえば糸島?!

いいえ、「豊前海一粒かき」だって、プリプリと甘く大粒で、豊前海の塩分濃度が低いからこそ身が縮みにくくておいしいんですよ!

↓☆豊前海一粒かきのおいしさをご紹介しています☆↓

北九州市・豊前海一粒かき♪牡蠣小屋・直売所・通販をご紹介!

「豊前海一粒かき」と「四季旬海」で購入した魚を持ち込み、焼いて楽しめるのが冬季限定の牡蠣小屋「豊築丸の浜焼き小屋」です♪

buzen_kaki

牡蠣小屋で仲間と食べる牡蠣の味は、やっぱり一味違います!

冬季に「うみてらす豊前」に来られるなら、ぜひ体験してくださいね。

 

お魚好きの福岡県民&観光に来られる方はぜひ「うみてらす豊前」へ

「」で出されているイカをくるくる回る機械で干していました。

イカを、くるくる回る機械で干していました。新鮮な光景…。

獲れたてピチピチのお魚を購入できる&食べられる「うみてらす豊前」。

目の前で泳ぐ魚が見れたり、さばく様子が見られるためお子様も大喜び♪

おいしいお魚が大好きな福岡県民、そして観光に来られる方は、ぜひ訪れてくださいね!

 

うみてらす豊前 アクセスなどインフォメーション

住所:〒828-0022 福岡県豊前市宇島76-31

☆2階:漁師食堂うのしま豊築丸

定休日:火曜日、お盆、年末年始

営業時間:11:00~14:30
(ラストオーダー 14:00)

※どのメニューも数量限定です。

売り切れの場合、14時前に営業終了することがあります。

電話:0979-82-2620

☆1階:豊築漁協直売所「四季旬海」

定休日:火曜日、お盆、年末年始

営業時間:9:00~17:00

電話:0979-64-6717

【アクセス】

  • 車利用の場合

<福岡・北九州方面から>

東九州自動車道 椎田南ICから車で10分

<大分・中津方面から>

東九州自動車道 豊前ICから車で10分

  • 鉄道利用の場合

JR「日豊線宇島」駅からタクシーで3分

 


★「知らなかったぁ!」満載★福岡取材体感まとめガイド♪

top01s

★あなたが知りたい!福岡をもっと!ふくおか体感情報をお届け★もっと福岡!TOPへ>>>


関連記事