toggle
2020-08-01

ファッション好きに、着心地の良さがニューヨークで人気・手軽におしゃれな久留米絣の服|坂田織物


まるで雑誌の表紙のようにお洒落なこの写真。

じつはこのパンツは、福岡県の伝統工芸品「久留米絣」でできているんです!

伝統工芸品といっても、画像の通り現代の人にも似合い、普段着に簡単に取り入れることができます。そして綿素材で作られているため肌に優しく、夏は涼しくて冬は温かいので、1年中使うことができる優れもの。

今回はファッションが好きな方、着心地のいい洋服を探している方におすすめしたい「久留米絣」のご紹介です!

久留米絣|福岡の伝統工芸品

今回ご紹介する「久留米絣」は福岡県八女郡広川町にある「坂田織物」さんで作られているものです。久留米絣は、日本人が着物を普段着として着ていた時代から続くもので、福岡県の伝統的工芸品として認定されています。

着物といわれると、現在の私たちには遠い存在のように感じますが、海外の人にも「肌触りが良くて気持ちがいい」「模様が独特でかっこいい」と人気なんです。おうちでリラックスする時間に着られたり、サッと着られてお洒落にキマる手軽さが嬉しいですよね♪この久留米絣の模様は、その工程や職人の技によって作られるもので、全く同じ商品が生まれることはない世界に一つだけの1枚になるんです。

坂田織物|坂田和生さん

今回お話を伺ったのは、久留米絣の製造・販売を行っている会社「坂田織物」の代表取締役:坂田和生さん。

坂田さんは、久留米絣のことをもっと知ってもらいたいという思いから、海外への発信や、自社ブランド『TUGU』の設立などを地道に行なってきました。

福岡県の伝統的工芸品を海外に広めようということで、初めて久留米絣を海外に持って行った坂田さん。その時に買ってくれた人は“1人”でした。

坂田さんは、まずは「久留米絣」の良さをたくさんの人に伝える必要があることと、それと同時に「やっぱり久留米絣を見て素敵だと思ってくれる人はいる」ということを感じたそうです。

どれだけ伝統的でも、その良さを伝え、使ってくれる人がいることが大切だと感じた坂田さんは、必要とされるところで必要とされるものを作ろうと思いました。

東京オリンピックに向けて制作したデザイン

とは言っても、坂田さんは10年かけて伝承者の資格を取った立派な久留米絣の職人です。久留米絣の本来の素敵さを知っているからこそ、いろいろな形で、現代の人に使ってもらい、その上で久留米絣を知ってもらって欲しいんですね。

坂田織物の久留米絣がおすすめの理由!

ニューヨークの方にも気に入られる服の着心地の良さ

久留米絣は全て綿素材で作られています。

綿は、通気性がよくて夏は涼しく、保温性もあるため冬にも着ることができます。また、肌触りの良さも魅力的です。もともと種子を守るふわふわとした素材なので、チクチクした手触りとは違いサラッとしていて、肌にも優しい素材です。

世界に一つだけの柄!絣(かすり)独特の模様

久留米絣の1番の特徴は、「絣」という模様の出し方です。

よく見ると模様がかすれて見えますよね。

久留米絣の主な工程は「くくる」「染める」「織る」に分けることができます。

あらかじめ織りたい模様を決めてから、糸を括って染めていきます。

染め物初心者の私は「括りってなに…?」と言う感じだったのですが、簡単に図説するとこんな感じです。

括っているところは染まらずに、括っていないところだけが染まるので、色の濃淡を出したり染め分けたりすることが出来るんですね!

こうして先に模様を計算して染められた糸を織っていくと独特のかすれた柄ができていくんです。もちろん職人さんの熟練の技が必要ですが、染めの時間や糸の染まり具合、かすれ具合などによって毎回微妙に違ってきます。同じ模様の久留米絣だとしても、全く同じものにはなりません。だからこそ世界に一つだけの特別な1枚になるのです。

久留米絣のアイテムを服に一つ取り入れるだけで、おしゃれな印象に

久留米絣は、糸の染まり具合の違いやかすれた模様が美しさを引き立てるため、シンプルな模様でも他にはない良さがあります。

色の濃い市松模様だとファッションの主役にもなり、白や黒の糸が交互に織られているとどんなファッションにも似合うアイテムになってくれます。

例えばTシャツやパーカーを合わせるだけでも、センスよく感じますよね!

『TUGU』の日傘も他の傘とは少し違うお洒落なアイテムになります。

ひとつ取り入れるだけでお洒落になるので、手軽で嬉しいです♪

坂田織物のこれから〜伝統工芸品を残していくために〜

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 店舗-min.jpg


丈夫で着心地の良さが特徴の久留米絣ですが、できあがるまでの工程は約30工程もあり、完成にはおよそ3ヶ月の時間がかかります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 括り古いやつ.jpg

文化的な久留米絣の側面と、産業的な久留米絣の両方を残すことが、最も意味があると考えます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 織り機古い.jpg

後を継ぐ職人がいない、職人が使う機械を修理する人がいない、作品を作るための材料を売る人がいない…。これまでたくさんの取材でそんな現状を聞いてきました。日本に昔から伝わってきた技術を残していくには、「仕事」として稼いでいかないといけないのです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 職人-min.jpg

坂田さんの目標は「ずっと継続的に工場を動かしていくこと」。

その言葉には、久留米絣がだれかに必要とされ続け、そしてそれに応えられる人材が必要なのだという意味があります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 坂田さん02-min.jpg

いつか「久留米絣ブーム」が到来するかもしれないし、海外に広めた魅力が日本に伝わってくるかもしれない。そんなムーブメントを作るのも、そんな時にしっかりみなさんに届けられる体制があるのも、坂田織物さんなのかもしれません。

ファッション好きには、ニューヨークでも人気の簡単におしゃれな着こなしができる久留米絣の服がおすすめです

いかがでしたか?着心地も良く、お洒落に着こなすことができる久留米絣。括ったり染めたりして作られる久留米絣には、同じ模様でも少しずつ変化があるので、世界に一つしかない自分だけのものになります。

絣独特の模様や、色合いの変化を楽しみながら、ずっと使える最高の一枚をぜひ見つけてみてください!

坂田織物|アクセス・インフォメーション

住所:〒834-0105 福岡県八女郡広川町大字長延602 大字

TEL:0943-32-1402

※かすりの里も同じ場所にあります。


関連記事