toggle
2018-06-28

【福岡県柳川市・鶴味噌醸造】地元の無添加味噌で毎日のスタートを!


福岡観光・グルメ・お土産など情報サイト「もっと福岡」記者の梅津です。

特にお子さんのいらっしゃるお母様、お父様!毎朝、家族でしっかり朝食をとっていますか?

turu01

気を付けている方もいらっしゃると思いますが、

小さいころからしっかりした朝ご飯を食べて、食に関する関心や知識を持たせることは「食育」につながるのでは!?

turu02

朝ご飯といえば「味噌汁」!

turu03

そんな味噌汁をつくるのに欠かせない味噌。

まずは地元!九州・福岡の味噌を知ることで「食育」に繋げてみませんか?

九州・福岡の味噌は塩分控えめ!

福岡の味噌は米麹と麦麹の合わせ味噌が主流です。

みなさんのご家庭も、合わせ味噌をお使いの方が多いのではないでしょうか?

福岡の合わせ味噌は麹が多く甘いのが特徴で、その分しょっぱくなくて塩分が少ないものが多いんです!

turu04

味噌の塩分濃度はだいたい12%くらいなんですが、九州の味噌は10%程度のものが多いです!

福岡の観光地!川下りで有名な柳川市で根ざす鶴味噌醸造

そして今回ご紹介する鶴味噌醸造では、そんな九州・福岡の味噌を、川下りで有名な柳川で、明治3年の創業より148年間も作っているんです!

柳川市の川下りといえばこんな写真を見たことありませんか?

turu13

実はこの建物、鶴味噌醸造の本社工場なんです!!

通称「並倉」と呼ばれていて、国登録有形文化財にも登録されています!

レンガ造りの川側は裏側で正面はこんな感じ!

turu05

正面から見るとまた雰囲気が違っていいですよね?

鶴味噌醸造ではこんな素敵な場所で味噌が作られています♪

味噌を熟成させるための熟成庫ではなんと…!

turu06

庫内に菌が住み着いているのだそうです!

これは昔から味噌作りをしている鶴味噌醸造ならではのもの!

この菌がおいし~い味噌にしてくれるんです♪

福岡県柳川市・鶴味噌醸造「無添加 合わせ味噌 鶴」

そんな「鶴味噌醸造」では、いろんな種類の味噌が作られているんですが

家族が毎日口にするものだから、健康にいいものを選びたい…!

turu07

そこで、ご紹介する鶴味噌醸造の「無添加 合わせ味噌 鶴」は原料も100%国産にこだわった無添加のお味噌です!

tsuru

通常よりも熟成期間が長く、コクが深い味わいが特徴です。

みそソムリエおすすめ!私の家の味噌。

鶴味噌醸造の社員である「みそソムリエ」の山田さんからおすすめされたのがこちら!

pura

ドーン!

なんとこれ5㎏あります…!

本来は贈答用で、樽に自分のお気に入りの味噌を詰めて贈るのですが、今回ご紹介するのはご家庭用として!

まずはご家庭の味噌でお気に入りを探しませんか♪

樽の中の味噌はお選びいただけます!

(もちろん「無添加 合わせ味噌 鶴」も選べますよ♪)

turu08
(写真の樽は10㎏のものです)

ご家庭では5㎏の樽の中に、古いお味噌に新しいお味噌、米みその中に麦みそを入れたりどんどん味噌を継ぎ足していきます!

「そうやって味噌を自分でブレンドするのが楽しい!」

「二度と同じ味のものはできないのがまた楽しい!」

今回の取材でこのお話をしている時が一番盛り上がりました!

turumiso

こうやって家庭の味ができていくのは楽しそうですよね!

お子さんと一緒にされるといいですね!

どこの味噌でも良いので、いろんな種類の味噌をよく混ぜるとおいしくなるそうですよ!

毎日の朝ご飯に、福岡県柳川市「鶴味噌醸造」の味噌を使った味噌汁を!

福岡でご家庭を持つみなさま!

1日のスタートを鶴味噌醸造の味噌を使った味噌汁で始めてみませんか?

turu09

朝ご飯をしっかり食べて、

地元の食材で、さらに健康にいいものを選んで、

いいこといーっぱい!!!

毎日、こだわった食材を使うことでお子さんに「食」に対しての関心をもって貰いましょう♪

福岡県柳川市・鶴味噌醸造で工場見学!

鶴味噌醸造さんでは工場見学もできます!(要予約です!)

turu10

建物の中も梁や骨組みがレトロでかっこいいんです…!

turu11

工場見学ではこの工場内を見学できるのはもちろん、

タイミングによっては、発酵前の味噌と発酵後の味噌を食べ比べもできるんですよ!

turu12

味噌といえば出来ているものが当たり前になってしまっていますが

作られる過程を知ること、身近な食材を知ることで食べ物を大事にする感謝の心が身につくのではないでしょうか?

ご家族で工場見学に行って、親子で楽しく「食育」もできちゃうのでおすすめです!


関連記事