toggle
2022-08-23

福岡朝倉・筑前町 カフェやまぼうし|心も身体も喜ぶ“森のハンバーグ”


家事に仕事に忙しくて、日々の暮らしがおざなりになってしまっていることってありませんか?

ぜひ、そんな方にこそ、この「森のハンバーグ」を食べて元気を出して欲しいんです……!

今回は、実際にこのハンバーグを食べた記者もおすすめの「森のハンバーグ」をご紹介します♪

筑前町でランチやお茶に人気のカフェ|街道cafeやまぼうし

「森のハンバーグ」を製造・販売しているのは、福岡県筑前町にある「街道cafe やまぼうし」さん。

かつては造り酒屋だった築110年の古民家カフェ。落ち着ける店内でお客さまも寛がれていました。

筑前町の特産品である「筑前麦太郎」という小麦粉を使ったケーキや、「木酢(きず)」という柑橘を使ったドリンクなど、地元の素材を活かしたメニューがいただける人気のカフェです。

人気の自家製ガトーショコラ。筑前町の小麦粉を使用
店内では筑前町の素材を使った食品や、近隣地域の雑貨の販売も行っています

今回ご紹介する「森のハンバーグ」は、「やまぼうし」さんの看板メニュー。カフェではイートインでいただくことが出来、真空パックの商品は、お持ち帰りをすることが可能です。

イートインのカフェメニュー

森のハンバーグの魅力

今回お話を伺ったのは「街道cafeやまぼうし」の西嶋 和香子さんです。

ゆっくり話されるトーンや笑顔、ナチュラルな服装がとても自然で素敵な西嶋さん

素材作りからはじまるハンバーグ

ハンバーグの主な原材料といえば、牛豚合挽肉・玉ねぎ・パン粉、卵が思い浮かびますが「森のハンバーグ」は、なんと玉ねぎは自家栽培!そして、栽培中の農薬は不使用です。

パン粉は100%筑前町産の小麦粉「筑前麦太郎」を使用して、パンを焼くところから製造を行っています。

自家製パン粉

お取り寄せも顔が見え、信頼できる生産者と

また、卵には筑前町の養鶏所「平野養鶏所」さんの「輝黄卵」をお取り寄せ。

牛豚合挽肉も、品質が信頼できる精肉業者さんを探し求め、国産牛肉8:国産豚肉2の割合で自店舗用に作ってもらって使用しています。

また、玉ねぎを炒めるときの油は、オーストラリア産の非遺伝子組換え菜種だけを使用し、溶剤を使わず、圧搾一番搾り製法にて搾油している「平田産業」さんの「純正菜種油」をセレクト。

旬の時期に収穫され、ローストしてから真空冷凍される玉ねぎ

「森のハンバーグ」は、主な原材料から炒め油に至る細部まで厳選された素材を使用しており、作り手の“食への強い想い”を感じられる商品なんです。

添加物を使わずに製造

「私たちにとって、食の安心安全は大前提です」と西嶋さん。

保存料、甘味料、着色料、香料などの添加物は一切使わずに「森のハンバーグ」を作られています。

原材料表示に添加物の記載はありません

ハンバーグやソースも、ひとつひとつ手作りし、パック詰めまで自分たちの手で行っています。

すぐに食べられておいしい

調理は、袋のまま水から沸騰して10分間湯煎にかけるだけ!このハンバーグにご飯を添えれば、それだけでごちそうです。

キノコ入りのデミグラスソースがたっぷりかかっているから、ゆで野菜やパスタを絡めたりなど、アレンジも幅広い!

湯煎の際に、一緒に卵を茹でればさらにひと品、手軽におかずを増やすことができるそうです♪

ストックに便利

冷蔵だと2週間、冷凍2か月の賞味期限があるため、1度に10個ほど購入して、自宅にストックしている方もいらっしゃるそうですよ。

森のハンバーグに込めた想い

「わたしの母は薬剤師をしていました。『薬を勧めない薬剤師』でもあり、『医食同源』をモットーに、食への意識もとても高いです。

そして、父は農家の生まれでした。私が幼い頃から、週末には海に魚や貝を採りに、山に山菜や野いちご、栗やアケビを採りに行き、畑を作り野菜を収穫するといった環境が当たり前でした。

そんな両親に育てられたわたしですが、あるとき、こっそり普段は口にすることのない市販のお菓子を食べているのが見つかって……。

そのとき母は、『安心安全は大切だけど“食べる楽しさ”を奪ってはいけないな」と感じたそうです。

その後は、オーガニックな生活を追求するだけではなく、時には好きなものを楽しみながら、健やかに育てていこう、という考え方に変わったといいます。

わたしたち家族にとって、食の安心・安全は大切で、本当に大前提なんです。だけどそのうえで、おいしく楽しく食べて、幸せな気持ちになってほしいなって思いも持っています」

玉ねぎを農薬を使わず育てたり、地元の小麦粉を使ってパンを焼くところからパン粉づくりをしたり、味付けに添加物を使わないようにしたり……本当に細部まで気を遣って安心安全を貫かれている「森のハンバーグ」。

でも私には「オーガニックを追求したモノって、おいしくないんじゃ……?」って思ってしまう固定概念もありました。

だけど実際に食べてみたら「本当に味もおいしい!」のが「森のハンバーグ」のすごいところ。

口の中でたっぷり感じられるお肉のおいしさと、「手でこねて作られたんだな~」と感じられるホロホロの柔らかさ。

野菜の甘みをたっぷり感じるデミグラスソースを、蒸し野菜やマカロニに絡めて食べると本当に幸せ~~…!

おいしく食べたあと「今日は自分の身体に優しくできたな」って、なんだかにっこりしてしまう、優しい味なんです。

「森のハンバーグ」には、西嶋さんにお聞きした“食のコンセプト”がぎゅっと詰めこまれているんだなと感じました!

ぜひ、街道カフェやまぼうしの“森のハンバーグ”を食べてみて

「森のハンバーグ」は、身体に優しいだけではなく、とってもおいしいんです。

ぐったりと疲れて帰る日……「今日は冷蔵庫の中に『森のハンバーグ』があるな~」、って思い浮かべれば、なんだか足取りも軽くなります♪

お子さんがいるご家庭のみなさんや、一人暮らしの方に特におすすめしたいです!ぜひ一度、身体に染み渡るおいしさを味わってみてくださいね。

「森のハンバーグ」|実際に購入できる場所

【実店舗】

「街道cafe やまぼうし」店舗内ショーケース

☆ 住所など詳細は、下記インフォメーションに記載

道の駅 みなみの里 手みやげやさん

住所:〒838-0205 福岡県朝倉郡筑前町三並866

TEL:0946-42-8115

【オンラインショップ】

「街道cafe やまぼうし」公式オンラインショップ

https://kaidoucafe.thebase.in/

ふるさと納税サイト さとふる

https://www.satofull.jp/products/detail.php?product_id=1243506

街道カフェやまぼうし|アクセスなどインフォメーション

住所:〒838-0226 福岡県朝倉郡筑前町中牟田471カスタム HTML

TEL: 0946-42-5995

営業時間:11:00~17:30(オーダーストップ16:30)

定休日: 水曜日(不定休あり)

駐車場:有り


関連記事